看護師になるために埼玉の看護学校に通いました

学費も大きなポイント

次に学費も大きなポイントとなりました。
学校により学費は様々でありますが、通うのが1年少なければ、安くなるということです。
私が選んだところには奨学金制度もあり、月に2万円の奨学金を3年間を受け取ることができます。
これらは付属の大学病院で3年間勤務をすることにより返済しなくてもよいというシステムが組まれています。
同級生のほとんどがこの制度を採用していて、アルバイトなどにはなかなか忙しくて時間を割けないので、一人暮らしの生徒にとっては本当にありがたい制度でした。
特に学費に不安があるのであれば、このような制度があるか確認したほうが絶対に良いです。
そしてもう一つは大学病院が付属していることです。
私にとってはこれも大きなメリットであり、ほとんどの生徒がそのまま付属の大学病院への就職を決めたのです。
実習先もこの付属の大学病院だったので、就職した後の職場の想像もしやすく、雰囲気や人間関係なども実習で情報を得ることができました。
些細なことかもしれませんが、部屋の場所や物品が置いてある場所なども前もって知っているだけでも、少しは心に余裕が持てます。
多くの生徒がそのまま就職するので同期には知り合いがたくさんいて、先輩も顔を知っているという状況が多くあるでしょう。
就職したばかりの時でも、周りに知っている人がいるというだけで心強いです。
自宅から通える範囲であったことも大きなポイントになりました。
これらは私が選んだポイントですが、様々な情報を総合した上で、どんなことを重視するのかをしっかり考え、自分に合った学校を選ぶことが大切です。

看護師さんに本当にお世話になりました四年課程のカリキュラムを採用学費も大きなポイント